松阪市
http://www.city.matsusaka.mie.jp/
平成17年1月1日、嬉野、三雲、飯南、飯高の4町と合併し、『新松阪市』が誕生しました。新市の諸々の情報はこちらで入手して頂けます。
松阪市観光協会
http://www.matsusaka-kanko.com
市内の観光スポットや各種イベントの情報が満載です。松阪の歴史についてもたっぷり学ぶことができます。
三重県観光情報「かんこう三重」
http://www.kankomie.or.jp/
三重県には松阪市以外にも見所がたくさん。ぜひ連泊旅行の計画を立ててお越しください。
松阪農業公園・ベルファーム
http://www.bellfarm.jp/
イングルッシュ・ガーデンやさまざまな体験コーナーがあり、ファミリーで楽しめる充実の観光スポットです。当館より車で10分。
本居記念館
http://www.norinagakinenkan.com/
本居宣長は松阪が生んだ18世紀最大の日本古典研究家。日本最古の歴史書『古事記』を研究し、35年をかけて『古事記伝』を執筆しました。当館ご宿泊のお客様には無料入館パスポートをレンタルさせていただきます。
みえこどもの城
http://www.mie-cc.or.jp/
お子様連れにお薦めの人気スポットです。各種体験コーナーやプレイゾーンあり。 隣接する中部台公園内にはフィールド・アスレチックもあります。当館より車で5分。
斎宮歴史博物館
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/saiku/
斎宮(さいくう)は、天皇の代わりに伊勢神宮に仕えた未婚の皇女「斎王」の宮殿が置かれたところです。斎宮歴史博物館は、その斎宮の歴史を紹介するため、平成元年に史跡の一角に開館した県立のテーマ博物館。その歴史や文化を身近に体験・学習できる「いつきのみや歴史体験館」と合わせて、歴史好きの方はぜひ一度訪れてみてください。当館より車で15分です。
伊勢神宮
http://www.isejingu.or.jp/
日本人の心のふるさと。一生に一度はぜひお伊勢参りを。内宮と外宮があります。内宮まで当館より車で45分。
おかげ横丁
http://www.okageyokocho.co.jp/
伊勢神宮・内宮に隣接するみやげ物横丁です。一帯はまるで「古き良き日本」をテーマにしたアミューズメント・パークのよう。伊勢名物「赤福」の本店はこの一角にあります。
「鈴鹿サーキット」
http://www.suzukacircuit.jp/
F1グランプリの開催地として名高い「鈴鹿サーキット」のHPです。モータースポーツのメッカとして、これからもファンの皆さんに愛され続けていくことでしょう。敷地内の遊園地はお子様連れに大人気のスポットです。当館より車で1時間弱。
熊野古道
http://www.pref.mie.jp/kodo/
三重が誇る世界遺産『熊野古道』。紀伊半島南部にあたる熊野の地と伊勢や大阪・和歌山、高野及び吉野とを結ぶ古い街道の総称で、「熊野街道」とも 呼ばれています。詳しい情報は『東紀州まちづくり公社』のHPとあわせてご覧ください。
ジャズドリーム長島
http://www.31op.com/
東海地区屈指の総合レジャーランド「ナガシマスパーランド」の敷地内にある、最近とかく話題のアウトレットモールです。当館からは伊勢自動車道を利用し、車で約1時間です。

志摩スペイン村パルケ・エスパーニャ
http://www.parque-net.com/index.html
言わずと知れた三重県最大のアミューズメント・パーク。世界最大級の吊り下げ式ジェット・コースター「ピレネー」はあまりにも有名です。思う存分楽しんできてください。
当館より車で1時間強。
鳥羽水族館
http://www.aquarium.co.jp/
日本有数の超巨大水族館。室内型では世界的にも肩を並べるものが無いほどです。人気者のアシカたちが繰り広げるパフォーマンスも必見!当館より車で1時間。
三重県最強のグルメ検索サイト「Simpleぐるめ
http://www.z-simple.com/
雑誌版「月刊しんぷる」も大好評です。県内の各書店にてお求めいただけます。観光にもぜひお役立てください。
牛肉弁当・駅弁の「あら竹
http://www.ekiben-aratake.com/ekiben/index.html
「元祖特撰牛肉弁当」は駅弁博物館のインターネット人気投票で3年間連続第一位を獲得!行楽のお供にぜひ!当館でご予約も承ります。